top of page

第3回 : オシャレなPOPの作り方

更新日:2023年10月19日


オシャレなPOPの作り方

POP作成のコツやノウハウをプロから学べる「POPKITプチレッスン」。

第3回は「オシャレなPOPの作り方」をお届けします。日頃のPOP作りのヒントにしていただけたら嬉しいです!


===== Lesson start!! ======


「店長!POPができあがりました!」

オシャレに見えないPOP例

店長「うん、内容はいいんじゃないかな。でも… なんか、ダサいね。もっとオシャレによろしく!」 「えっ…」

お…オシャレ…?

__________

店長からの難題「オシャレなPOP」。

このPOPは、なぜ「ダサい」と言われてしまったのでしょうか? 「僕にはセンスがないから…(泣)」


いえいえ、POPのデザインをオシャレにする方法はちゃんとあるんですよ!

そう、「オシャレ」と感じるPOPには「共通の三大原則」があるのです。

この原則に沿って、冒頭のPOPが改善されていく様をご覧ください!

__________ ★オシャレPOPの三大原則その1★

「十分な余白をつけるべし」

POPを作るときに、ついつい紙いっぱいに文字やイラストなどを埋めたくなる気持ちはわかります。POPの枠線をはみ出し、紙の端ギリギリまでになってしまうことも…。


しかし、隣り合う要素が詰まればつまるほど、紙の端まで広げれば広げるほど、そのPOPは「野暮ったく」なっていくのです…(恐怖) そこで、それぞれの要素の周りにちいさな小人が通る道(隙間)をつくってあげるイメージで余白を空けていきましょう。 これだけでもなんだかスッキリ見えてきましたよ。

余白でPOPは見やすくなる

★オシャレPOPの三大原則その2★

「フォントは細めを選ぶべし」


がっしりと太いフォントは、インパクトはあるものの、「オシャレ感」は少なくなってしまいます。そこで、少し細めのフォントを使うことで、すっきり感が出ます

文字の縁取りは使わないようにしましょう。

細めフォントでオシャレに

★使用フォント…キウイ丸レギュラー/キウイ丸bold


「具体的にどのフォントを選べばいいの…!?」

そんな方のために、POPKITに入っている書体の中で「オシャレ感の出しやすい」フォントをご紹介します。

オシャレに見えるおすすめフォント

★オシャレPOPの三大原則その3★

「色の数は3色以内にするべし」


カラフルなPOPは楽しい雰囲気は出ますが、すこし幼い印象になってしまいます。 そこで、色の数を2~3色に絞り込みをしましょう。 具体的には、文字のための濃いカラー(黒、茶色、濃いグレーなど)に加えて、アクセントカラーを1~2色だけ。

ここでは、茶色+紫の「2色」を意識して絞ってみました。

POPの色を絞るとオシャレ度が増す

色を絞るとPOP全体が調和され、よりオシャレな雰囲気になりました!


有名なお店でいうと、無印良品。

どんなに大きな売り場でも、POPには黒+エンジ(濃い赤)の2色しか使っていません。 そのため、お店全体に統一感が出て、オシャレな印象になるのです!

ということで、オシャレPOPの三原則をご紹介しました。

これをを知っているだけで、かなりオシャレ度はアップするはず。


もっとステップアップしたい方のために、さらにテクニックを紹介します!


レベル1

★モノトーンのチョークボード(黒板)風!★

ちょっとオシャレなカフェ風のPOPを作ってみませんか?

思い切って背景を黒にして、チョークボード風にしてみましょう! POPKITには、チョークボード風に作れる素材も充実しています。 基本文字はすべて白で、イラストをワンポイントで配置して(ここではぶどうのイラスト)アクセントカラーを入れると一層素敵な仕上がりになりますよ。

チョークボード風おしゃれPOP

使用したPOPセット

チョークアート風パーツ&手描き文字(アルファベット)セット!(by konaka)


レベル2

★「ニュアンスカラー」でトレンド感を出そう★


ここ数年のトレンドである「ニュアンスカラー」。ニュアンスカラーとは、明るい鮮やかな色と違って、少しグレーがかった暗めのカラーです。 「くすみカラー」や「ダスティカラー」などと言われることもあります。 ファッションや雑貨、ネイルなどでもとっても人気があり、オシャレ感を演出してくれるカラーです。 この流行をPOPにも取り入れると、ちょっとオシャレな雰囲気を出すことができます!

【ニュアンスカラーの作り方】

くすみカラーの作り方

まずは、POPKITのカラーの中で、一番下の薄いカラーを選びます。

その下のカスタム色を作る部分で、少しだけ、○のマークを下に移動するのです。







ビビットカラーとニュアンスカラー

そうすると、色にグレー感が少しプラスされ、落ち着いたカラーになります。

※暗くしすぎないように注意!






そう、これがニュアンスカラーなのです! 色を使うときに、このニュアンスカラーを意識して作ってみると、オシャレ感がでますよ。


そんなの難しいよ~という方、ご安心ください!

POPKITにはニュアンスカラーが最初から使われている素材があるのです!そんな素材の一部をご紹介しますね。


北欧セット

組合わせ自由北欧風パーツセット pareru

ニュアンスカラーと相性バツグンの北欧風。 入っているアイテムがすべてニュアンスカラーなのでオシャレに仕上がりますよ。









くすみカラーセット

くすみカラーシンプル図形セット konaka

半透明なのでやさしい雰囲気に仕上がります。図形でニュアンスカラーを自然に取り入れられる素敵なセットです。











この2つのセットを使って作成したデザインがこちら!

ニュアンスカラーを使ったオシャレPOP

落ち着いたニュアンスカラーを意識するだけで、ちょっとイマドキオシャレな雰囲気にしあがりました!


いかがでしたか?今回はPOPをオシャレにするヒントをお届けしました。

今回ご紹介したテクニックを使ってオシャレポップを作れば、売場がもっと素敵になること間違い無しです!


 

「POPKITプチレッスン」はメルマガで最新回を毎月お届けしています!

POPKITのメンバー登録をいただくと、毎月メルマガが届きますので、ご希望の方はぜひメンバー登録をお願いいたします

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page