NEWS

全国初!ecobuyを活用した教育機関向けの課題研究プログラムを実施!
~香川県の食品ロス削減および人材育成をめざすSDGsの取り組み~

2021年11月1日
POPKIT株式会社
香川県農業協同組合
株式会社レデイ薬局
株式会社NTTドコモ 四国支社

 POPKIT株式会社(以下、POPKIT)と、香川県農業協同組合(以下、JA香川県)、株式会社レデイ薬局(以下、レデイ薬局)、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、香川県の食品ロス削減および、人材育成を目的に、ドコモが提供する食品ロス削減サービス「ecobuy™」を活用した課題研究プログラム(以下、本プログラム)を実施します。ecobuyを活用した課題研究プログラムの実施は、全国初事例となります。

 香川県では、小売店での食品ロス発生割合が全国と比較し高い状況となっています。2020年度末に香川県が策定した「香川県食品ロス削減推進計画」では、国の削減目標を踏まえ、2030年度までに8,000トンの食品ロス削減を掲げています。

 そうした背景を踏まえ、本プログラムは、POPKITとドコモによる支援のもと、教育機関と、ecobuyを導入した小売店(JA香川県およびレデイ薬局の県内一部店舗)が、ecobuyを活用し、食品ロス削減という地域課題解決をめざすものです。


 これまで学生と小売店で、店舗の市場分析やPOPKITが提供する広告制作支援アプリ「POPKIT」を活用し、POPやポスターを制作してきました。2021年11月6日からは、小売店の店頭に制作した広告物を掲載し、実施結果の分析を開始します。さらに、分析結果に応じて広告物の改善を重ねることで、消費者の食品ロス削減に対する意識醸成と行動喚起をめざします。

img20211101_2.jpg

 本プログラムを通じて、小売店は食品廃棄で生じる無駄の削減や、SDGsの取り組みに伴うブランドイメージ向上、教育機関は人材育成の場として、SDGsの理解促進やICT機器の活用、マーケティング手法の習熟につながることを期待しています。

 今後POPKITは、親会社である株式会社アルファと共に、サービスの向上による働きがいのある環境へ貢献、そしてSDGsに関するデザイン素材の提供で、食品ロス問題などの解決への取り組みを行います。
 JA香川県は午後の時間帯に売場に並ぶ農産物(野菜・果物)を対象に、レデイ薬局は賞味期限に近い商品を対象にecobuyポイントの進呈という消費者特典を加え、売れ残り食品の削減に取り組むことで、香川県の食品ロス削減に貢献します。


 ドコモは、食品ロス削減サービスecobuyの普及促進による香川県の食品ロス問題解決や、教育機関と連携した香川県の人材育成など、地域に根ざした活動を推進することでSDGsの達成に貢献します。

*「ecobuy」は株式会社NTTドコモの商標です。

*ecobuyについて

https://www.nttdocomo.co.jp/service/ecobuy/
法人向け

https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/ecobuy/

*POPKITアプリについて 

 https://www.popkit.net/ 

法人向け 

https://www.popalpha.co.jp/popkit/

課題研究プログラムについて

1.実施概要

 香川県が小売店での食品ロス発生割合が全国と比較し高い状況にあることを踏まえ、POPKITとドコモによる支援のもと、教育機関と、ecobuyを導入した小売店(JA香川県およびレデイ薬局の県内一部店舗)が、ecobuyを活用し、食品ロス削減という地域課題解決をめざすものです。
 2021年7月26日より学生と小売店で、店舗の市場分析やPOPKITが提供する広告制作支援アプリ「POPKIT」を活用し、POPやポスターを制作してきました。2021年11月6日からは、小売店の店頭に制作した広告物を掲載し、実施結果の分析を開始します。さらに、分析結果に応じて広告物の改善を重ねることで、消費者の食品ロス削減に対する意識醸成と行動喚起をめざします。

≪具体カリキュラム≫
 ①地域の食品ロスの現状調査(店舗インタビュー・市場調査)
 ②食品ロスをどう減らすかの検討
 ③店舗と共同で消費者への訴求内容検討
 ④POP/動画等、プロモーション素材の作成/配信
 ⑤学校・行政施設で実施結果を発表/表彰

2.参画企業一覧とその役割

kigyoumei.jpg

3.実施期間/実施店舗